スポンサーリンク
日本史

【邪馬台国】卑弥呼は女王としての立場が弱かったから親魏倭王の称号をもらった!

邪馬台国とは29カ国による小国連合であり、争いを収めるために女性の卑弥呼が首長となった。しかし首長としての権力が弱いために魏に朝貢することで「親魏倭王」の称号をもらうことで権力を高めた。
日本史

【冊封体制】東アジアの最強国家である中国と周辺国家との上下関係!

日本の政治連合の首長たちは朝鮮半島の鉄器の入手のため中国と関係を持ちたかった。しかし中国は中華思想を持っていたため、冊封体制という上下関係でしかつながりを持てなかった。
日本史

【身分制社会の発生】水田稲作の普及により支配者と戦争が発生した!

日本に身分差や戦争が生まれたのは、水田稲作が普及したからである。その理由は水田稲作が集落ごとに集団でおこなうようになり、集落にリーダーができたからである。さらに持っている籾米という財産の量で集落内で貧富差ができ身分差となっていった。
日本史

【弥生文化】昔からの縄文文化に大陸からの文化が合わさった文化!

弥生時代になると、大陸から渡ってきた渡来人によって水田稲作などの大陸からの文化が伝わりました。大陸からの文化と日本古来の縄文文化があわさったものが弥生文化で、水田稲作に関係あることが特徴です。
日本史

【稲作伝来】寒冷化により日本は採集生活から農耕生活に変わる!

朝鮮半島の人々により日本に水田稲作が伝わったのは、諸説あるが今から2800〜2700年前ころといわれています。その理由は地球が寒冷化したため、南方の日本をめざしたためです。
日本史

【縄文時代】とても暖かくて自然食材が豊かな時代!でも後半になると…

縄文時代前半は暖かくなったため、たくさんの自然食材を獲得できるようになった。しかし縄文時代後期は寒くなったため充分な自然食材を獲得できなくなった。
日本史

【旧石器時代】とても寒くて狩猟しかできないから打製石器を使った!

旧石器時代は現在よりもとても寒い時代であった。よってほとんど植物も育たず、川や海も凍っていたため大型動物を狩猟するしかなかった。狩猟の際には打製石器という道具を使用した。
スポンサーリンク