2024-06

スポンサーリンク
日本史

【邪馬台国】卑弥呼は女王としての立場が弱かったから親魏倭王の称号をもらった!

邪馬台国とは29カ国による小国連合であり、争いを収めるために女性の卑弥呼が首長となった。しかし首長としての権力が弱いために魏に朝貢することで「親魏倭王」の称号をもらうことで権力を高めた。
日本史

【冊封体制】東アジアの最強国家である中国と周辺国家との上下関係!

日本の政治連合の首長たちは朝鮮半島の鉄器の入手のため中国と関係を持ちたかった。しかし中国は中華思想を持っていたため、冊封体制という上下関係でしかつながりを持てなかった。
日本史

【身分制社会の発生】水田稲作の普及により支配者と戦争が発生した!

日本に身分差や戦争が生まれたのは、水田稲作が普及したからである。その理由は水田稲作が集落ごとに集団でおこなうようになり、集落にリーダーができたからである。さらに持っている籾米という財産の量で集落内で貧富差ができ身分差となっていった。
スポンサーリンク