【邪馬台国】卑弥呼は女王としての立場が弱かったから親魏倭王の称号をもらった!

邪馬台国アイキャッチ 日本史
スポンサーリンク

はじめに

あなたは邪馬台国(やまたいこく)と、女王卑弥呼(ひみこ)を知っていますか?

卑弥呼は日本史のマンガで一番最初に出てくる偉人であり、有名な人物ですよね。

しかし本来の卑弥呼および邪馬台国の姿を知っているでしょうか?

今回は本来の卑弥呼と邪馬台国について説明していきます。

スポンサーリンク

卑弥呼は女性だから小国連合の女王になった

邪馬台国とは、29の小国による連合

邪馬台国(やまたいこく)の話は、中国の歴史書である魏志倭人伝(ぎしわじんでん)にでてきます。

ここからの邪馬台国の情報は、当時は日本に文字がないので、中国側の魏志倭人伝からの情報となります(このあとの説明で史料という表現がでてきますが、すべて魏志倭人伝のことです)

登場する年代としては、3世紀前半の時代であるので、邪馬台国の首長である卑弥呼(ひみこ)が活躍する年代も3世紀前半となります。

史料を見ると、邪馬台国はもともとは男性の首長によって支配していたが、それでは争いが絶えなかったようです。

この争いが絶えない状況を史料では、「倭国大乱(わこくたいらん)」と説明しており、2世紀後半も続いていました。

そこで卑弥呼という女性が登場して、邪馬台国の女王となると倭国大乱が収まったと書かれています。

おそらくは倭国大乱という戦争を収めるために、女性である卑弥呼をあえてトップとして選んだということです。

ここで注意しておきたいことがあります。

あなたは卑弥呼というと、邪馬台国という巨大な国の女王というイメージが浮かぶかもしれません。

たしかに卑弥呼は「邪馬台国の女王」であるのはまちがいないのですが、卑弥呼はさらに「邪馬台国連合の女王」という立場でもありました。

つまり卑弥呼は、

  • 邪馬台国という国の女王
  • 邪馬台国連合という連合の女王

という2つの立場を持っていたということです。

学ぶ一般人
学ぶ一般人

邪馬台国連合なんて初めて聞いたよ。
連合ってどういうこと?

だるま先生
だるま先生

では説明していくね。

史料では、倭(日本のこと)では戦争(倭国騒乱)が収まらなかったので、29ばかりの小国が集まり協同(きょうどう)して、邪馬台国の卑弥呼を女王に立てたと書かれています。

つまり29カ国の小国連合を作ったが、男性の王だと周囲ともめるので、小国の首長たちの話し合いにより女性である卑弥呼を小国連合の女王にしたということです。

こうして、卑弥呼は29カ国からなる小国の連合(邪馬台国連合)の女王となりました。

卑弥呼は呪術ができる宗教的指導者であった

ここまで男性の王だと周囲ともめるので、女性の卑弥呼が邪馬台国連合の女王となったと説明しました。

(ここから実際は邪馬台国連合ですが、わかりやすいように一部をのぞいて「邪馬台国」と表記します)

ただ卑弥呼は「女性」という理由だけで邪馬台国の女王に選ばれたわけではありません。

卑弥呼は呪術(じゅじゅつ)を得意とする宗教的指導者という側面もあったようです。

史料によると呪術のことを「鬼道(きどう)」と表現していますが、呪術の内容についてはよくわかっていません。

ただ卑弥呼は鬼道という宗教的能力をもった宗教的指導者であったということです。

ではどのような宗教であったかというと、最近の研究で、呪術の際に銅の鏡と太陽を使っていたようで、農耕儀礼にかかわる宗教であったようです。

スポンサーリンク

卑弥呼は権力を強めるために中国に使者を送った

しかし邪馬台国の女王である卑弥呼には欠点がありました。

卑弥呼の首長の権力は弱かった

それは卑弥呼が邪馬台国の女王となった理由が、「男性の王だと周囲ともめるから、女性の卑弥呼が女王になった」ということです。

何が言いたいかというと、卑弥呼は権力闘争で勝ち上がって実力で女王になったという積極的な理由でないということです。

ただ小国の首長たちの話し合いにより女性という理由だけで女王になったという消極的な理由なわけです。

ここで連合を形成する小国の首長たちは、こう思っていたでしょう。

小国の<br>首長たち
小国の
首長たち

本当は実力的には俺たちが王になりたいけど、他ともめるからおまえを女王にしてやったんだ。感謝しろよ!

卑弥呼
卑弥呼

みなさんのおかげで、実力がないわたしが女王になることができました。本当にありがとうございます。

つまり邪馬台国における卑弥呼の女王としての立場が弱かったということです。

卑弥呼は小国の首長たちの話し合いによって連合の女王に立てられているので、ほかの小国の首長たちに強く命令できるほどの絶対的な立場ではなかったのです。

あくまで邪馬台国連合とは、同じくらいの戦力をもつ29カ国の小国連合であり、構成国のひとつにすぎない「邪馬台国」がほかの小国より飛び抜けて戦力をもっているわけではないのです。

卑弥呼の権力を強めるために中国に接近した

では邪馬台国での立場が弱い卑弥呼が、ほかの小国の首長たちを従わせるにはどうしたらよいでしょうか?

学ぶ一般人
学ぶ一般人

より強い力を持つ国と仲良くなって助けてもらうとか。ドラエモンのスネ夫みたいに。「ジャイヤーン」てね。

だるま先生
だるま先生

ふざけないでください。でも考え方はまちがっていませんよ。

卑弥呼は東アジアの最強国家である中国と関係を結ぶことで、ほか小国の首長たちを従わせようとしました。

さらに邪馬台国がその時、となりの狗奴国(くなこく)と戦争を行っており、中国の権威で戦争を有利にしようというねらいもありました。

こうして景初3年(西暦239年)、中国の(ぎ)という王朝に朝貢(ちょうこう)の使者を派遣して、魏の冊封(さくほう)をうけたわけです。

(朝貢と冊封については、こちらの記事を読んでください)

こうして魏からもらった称号が「親魏倭王(しんぎわおう)」です。

このほかにも卑弥呼は魏から銅鏡100枚ももらっています。

このように卑弥呼は魏と関係を結ぶことで、邪馬台国における立場を強めていったというわけです。

魏は呉をけん制するために卑弥呼の朝貢を受け入れた

ここで魏について説明します。

当時の中国は(ご)、(しょく)に分かれる三国時代(さんごくじだい)でした。

あなたもゲーム、小説、映画などで「三国志(さんごくし)」という作品を知っているでしょうが、その時代のことです。

そのなかでも魏はほかの2国よりも圧倒的に強い力を持っており、ほかの呉と蜀は同盟を結ぶことで魏に対抗できていました。

しかし魏に対抗する呉と蜀の存在はやっかいでした。

そこで魏は何を考えたかというと、邪馬台国と結ぶことで南東にある呉をけん制しようとしたのです。

当時の魏は邪馬台国の位置が、「呉の南側」に存在すると認識しており、邪馬台国と上下関係を結ぶことでより南側から攻撃させようとしたのです。

学ぶ一般人
学ぶ一般人

えっ!でも実際には邪馬台国は日本にあるから、呉の北東になるよ。

だるま先生
だるま先生

だから魏としては邪馬台国は呉の南にあると思いこんでいたということだね。当時は正確な地図もないし、魏にとっての辺境の情報はあいまいだからね。

このような理由から、魏は卑弥呼の朝貢を受け入れたのです。

その後の邪馬台国

その後、史料によると卑弥呼は狗奴国との戦争中である240年代に病気で亡くなったようです。

そのあとの邪馬台国では男性の首長が立てられますが、内部対立が起きてしまいます。

そこで、卑弥呼の親族の女性である壱与(いよ)もしくは、台与(とよ)が首長になることで内部対立が収まります。

この壱台も魏に朝貢の使者を派遣したことが史料に書かれています。

スポンサーリンク

邪馬台国はどこにあったのか

邪馬台国について最大の論争となっているのは、邪馬台国の場所についての問題です。

邪馬台国は畿内説と九州説がある

史料には魏の朝鮮出張所にあたる帯方郡(たいほうぐん)から邪馬台国までの道順がかかれています。

しかし史料に書かれたとおりにいくと、邪馬台国は海の中ということになるので、距離もしくは方向がまちがっていると考えられています。

この邪馬台国の場所に関する論争は江戸時代から行われており、大きく

  • 畿内説
  • 九州説

のふたつが存在しています。

箸墓古墳は卑弥呼の墓かもしれない

この論争のなかでも興味深いのは、白石太一郎(しらいしたいちろう)さんの纏向遺跡(まきむくいせき)に関する論文です。

纏向遺跡は奈良県桜井市にある3〜4世紀の100ヘクタールの大規模な集落跡で、3世紀前半に作られたの大規模な建物跡が3つも発見されています。

ここで重要なのは、大規模な建物が作られた時期が3世紀前半であり、卑弥呼が活躍したと思われる年代と一致することです。

これら3世紀前半の大規模な建物がある纏向遺跡は、邪馬台国の中心があった場所ではないかと有力視されています。

さらに纏向遺跡のなかには、日本最古の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)である箸墓古墳(はしはかこふん)があります。

この箸墓古墳には女性が埋葬されていると推測されており、古墳が作られた年代も周囲からの調査により3世紀中ごろではないかと推測されています。

この3世紀中ごろとは、ちょうど卑弥呼が亡くなったといわれる240年代と重なっており、古墳に埋葬されている人物が女性であることも重なっています。

つまり箸墓古墳に埋葬されているのは、卑弥呼、もしくは後継者である壱台かもしれないと推測されています。

このような理由から纏向遺跡や箸墓古墳の存在は、畿内説の裏付けとなっています。

この事実が正しいとすると、日本史を塗り替えることになります。

なぜならば古墳時代とは前方後円墳が作られていた時代と定義されているからです。

もしも日本最古の前方後円墳である箸墓古墳が卑弥呼のお墓であるとすると、邪馬台国の時代も古墳時代に含まれるということになります。

このように、纏向遺跡やその中にある箸墓古墳は考古学研究において大きな注目を集めています。

しかしこれはあくまで畿内説による主張であり、九州説でも独自に邪馬台国の場所について主張しています。

つまり邪馬台国の位置については、まだ完全に決着はついていないわけです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 邪馬台国とは単独の政治勢力ではなく、邪馬台国を含む29カ国の小国による連合体による邪馬台国連合といえるものである。
  • よって卑弥呼も邪馬台国の首長であると同時に、邪馬台国連合の首長でもあった。
  • 卑弥呼は女性という理由だけで連合の首長になっているので権力が弱かった。
  • 魏は邪馬台国に呉をけん制させるために、卑弥呼の朝貢を受け入れた。
  • 箸墓古墳がある纏向遺跡は邪馬台国があった場所ではないかと有力視されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました