【旧石器時代】とても寒くて狩猟しかできないから打製石器を使った!

旧石器時代ロゴ 日本史
スポンサーリンク

はじめに

あなたは、旧石器時代(きゅうせっきじだい)がいつの時代か説明できますか?

すこし歴史を知っているならば、石でできたヤリを持った人々が、マンモスを追いかけている姿を想像するかもしれませんね。

でもかれら旧石器時代の人々、つまり旧石器人(きゅうせっきじん)が具体的にどのような生活を送っていたかというと知らない人も多いかもしれません。

今回は旧石器時代における旧石器人の生活について説明します。

スポンサーリンク

原始と古代の区分について

まず旧石器時代について説明する前に、歴史の区分である「原始(げんし)」と「古代(こだい)」の違いについて説明します。

ちなみに

  • 原始→旧石器時代・縄文時代・弥生時代
  • 古代→古墳時代・奈良時代・平安時代中期

を指します。

古代における平安時代中期とは藤原摂関政治の時代であり、現在では白河法皇(しらかわほうおう)からの院政期については中世に区分されています。

原始と古代は文字資料の有無で分けられる

では原始と古代に分けられるポイントはなんでしょうか?

それは日本国内に文字資料があるかないかです。

つまり原始では日本国内に文字史料がないのに対して、古代では日本国内に文字史料があることです。

朝鮮半島から日本にやってきた渡来人(とらいじん)によって文字、つまり漢字が広がったのは5世紀ころといわれています。

よって5世紀ころが原始と古代の分かれ目といえます。

考古学の成果で原始の生活を知った

では文字資料がない原始の人々の生活をというと教科書などで書けるかというと、考古学(こうこがく)という学問の成果によって書くことができました。

つまり原始の人々が生活していた遺跡(いせき)という場所を掘り起こすことで、たとえば「水田の痕跡があるからこの場所には水田があった」とか判別するわけです。

さらに遺跡から出土する道具といった遺物(いぶつ)から「人々はこのようなものを使って生活をしていたんだな」とわかります。

また遺跡から出土する人骨からも、「この時代に人々は存在していたんだな」と判断できるわけです。

ただし弥生時代になると、ひんぱんに中国と交流するようになるため、中国側の史料から日本人の生活がわかるようになりました。

スポンサーリンク

旧石器時代は氷河時代であり海水面が低い

では本題である旧石器時代について説明します。

ではこのような考古学の成果から、いつごろから日本に人々が存在したかというと、今から3万8000年前からです。

旧石器時代の「旧石器」とは打製石器(だせいせっき)のことであり、旧石器時代とは打製石器を使っていた時代のことです。

ではなぜ人々は打製石器を使っていたのでしょうか?

このポイントとなるのが、旧石器時代は氷河時代(ひょうがじだい)であるということです。

つまり当時の地球の気候が現在よりもとても寒かったということです。

氷河時代の気温は、現代よりも気温が7〜8度も低い状態でした。

この気候状態を現在のものに当てはめるとすると、ちょうど東京が北海道の気候のような状態であり、相当寒いことがわかります。

つまり地表は雪と氷の世界となるため、川の水がほとんど海に流れ込むこともなくなります。

よって海面が低くなることで、現在よりも陸地がおおくなることで東シナ海と樺太は大陸とつながっており歩いて渡れるようになります。

茶色の部分も旧石器時代はほぼ陸地であった

こうして大陸から日本へマンモスやナウマンゾウなどの大型動物(おおがたどうぶつ)がやってくるようになります。

さらに大陸に住む人々も大型動物を追って、日本に渡ってきました。

スポンサーリンク

食料は主に大型動物のみだった

つぎに日本にわたってきた人類がどのようなものを食べていたかを説明します。

まず旧石器人が食料を得る方法として、

  • 動物を得る狩猟(しゅりょう)
  • 魚介類を得る漁労(ぎょろう)
  • 草や木の実を得る採取(さいしゅ)

の3つがあります。

これらの方法が旧石器時代に可能であるかを見てみましょう。

旧石器時代に漁労は行われなかった

まず旧石器時代はとても寒くて、雪と氷の世界であることが特徴です。

よって川や海の水も減るし、その水も氷水のようにつめたいわけです。

そんな氷水に入って魚を捕る、つまり漁労なんてできるでしょうか?

学ぶ一般人
学ぶ一般人

そんなの罰ゲームだよ。下手したら死んじゃうよ。

だるま先生
だるま先生

そうだね。あとそんな氷水に住む魚や貝も少ないだろうしね。

だから教科書で貝殻を捨てた貝塚(かいづか)がでてきますが、気候が暖かい縄文時代になってから作られます。

つまり旧石器時代には、ほとんど漁労は行われていません。

旧石器時代は木の実が少ない針葉樹が中心

つぎに旧石器時代の植生(しょくせい)、つまりどのような植物が生えていたか見ていきます。

旧石器時代は葉っぱが広くて、たくさんの木の実ができる広葉樹(こうようじゅ)はありません。

マツやスギといった葉っぱが細い針葉樹(しんようじゅ)が中心で食べられる木の実が少ない状態でした。

たとえるならば、針葉樹にはかたい松ぼっくりのような実が育ち、隙間に松の実のような部分もありますが、食べられる部分はあまりありません。

つまり旧石器時代は、植物についてもほとんど採集していない状態でした。

旧石器時代の人々は狩猟で生活していた

では残りの狩猟ですが、これは可能性がありました。

なぜならば旧石器人の周辺には多くの大型動物がいたからです。

つまり旧石器人は大型動物を狩る狩猟でしか食料を獲得できないわけです。

しかし狩猟をするといっても、素手でマンモスのような大型動物に立ち向かうことは無謀です。

そこで旧石器人は狩猟をおこなう際に、打製石器(だせいせっき)という道具を使用しました。

打製石器とは旧石器(きゅうせっき)ともいいます。

ちなみに新石器(しんせっき)とは、のちの時代に石をみがいて作った磨製石器(ませいせっき)のことです。

つまり「打製石器=旧石器」が使われた時代であるから、旧石器時代とよばれているのです。

スポンサーリンク

打製石器について

ではここから打製石器についてくわしく説明します。

打製石器の種類

ではまず打製石器の種類について見ていきます。

打製石器の種類はおもに、

  • 握斧(にぎりおの)→別名、ハンドアックス。切る、削る、掘ることでつかった。
  • ナイフ形石器(ないふがたせっき)
    →別名、ブレイド。食材の切断のためにつかった。
  • 尖頭器(せんとうき)
    →別名、ポイント。木の棒の先に付けて槍として使用。
  • 細石器(さいせきき)
    →別名、マイクリリス。細かい刃になっており、木や動物の骨にはめこんで使用。

といったものがあります。

なお打製石器は、「握斧→尖頭器・ナイフ形石器→細石器」という順番で進化していきました。

打製石器はしだいに「より小さく軽く鋭く」進化した

だるま先生
だるま先生

では質問します。どのような理由から進化したといえるかわかりますか?

学ぶ一般人
学ぶ一般人

うーん。握斧はとても大きくて重いけど、細石器になるととても小さくなることかな。あとナイフとか先に鋭くなることかな。

だるま先生
だるま先生

両方とも正解です。ではなぜ打製石器が小さく鋭くいったかわかりますか?

学ぶ一般人
学ぶ一般人

わかりません。

では理由を説明します。

のちほどくわしく説明しますが、旧石器人はつねに大型動物を追った移動生活を送っていたからです。

そのとき重い握斧だと移動の際にたいへんな負担になるので石器は小さくて軽いほうがいい。

しかしながら獲物である大型動物にダメージを与えて食料である大型動物をゲットしたいとも旧石器人は考えたわけです。

ちなみに、ここで打製石器の先を鋭くするとありますが、獲物を傷つけて出血させることにより殺傷能力を高めたということです。

その結果として、

加工をほとんど加えない打撃用の大型石器(握斧)
      ↓
先端を鋭くして切断用刺突用のような小型石器(ナイフ型石器・尖頭器)
      ↓
さらに細かい刃を枝、角、骨に取り付ける
交換可能な超小型石器(細石器)


といった具合に、打製石器は「より小さくて軽くて鋭く」進化していったというわけです。

ちなみに細石器ですが、そのへんに落ちている枝、角、骨に取り付けることで、武器として使用することができました。

さらに細石器ならば、ひとつがこわれても交換することが可能となりました。

また細石器の意義は、最終的に旧石器人はこのような細かい石器を大量生産できるほど進化したということです。

スポンサーリンク

旧石器時代の生活とはとても厳しいものだった

では旧石器人は打製石器を使って狩猟をしたことで幸せな生活を送ることができたのでしょうか?

旧石器時代は獲物を追う移動生活だった。

正直いうと旧石器時代の人々は、とても厳しい食生活を送っていました。

まず旧石器時代に満足できる食料は大型動物の肉しかないので、旧石器人はいつも大型動物を探す移動生活をしていました。

そのため定住できる住居はなく、自然にできた洞窟やかんたんに組み立てられるテントのようなものを家の代わりにしました。

また獲得した大型動物の肉の調理もそのへんにある石や樹木などを使いました。

ある遺跡からは、石を焼いて肉を調理した現在の石焼き(いしやき)をおこなった痕跡が見つかっています。

なお、旧石器時代には土器を使った煮炊きはおこなわれません

なぜならば土器は重くてとても割れやすいので移動生活に向いていないからです。

土器が本格的に使用されるのは、定住生活ができる縄文時代(じょうもんじだい)からです。

旧石器時代は大型動物の肉を獲得するのも大変だった

ここで大事なポイントですが、旧石器人が狩猟によって大型動物を獲得するのは命がけの行為でした。

それは旧石器時代当時は弓矢(ゆみや)が使われていないからです。

弓矢が本格的に使用されるのは縄文時代からです。

つまり弓矢を使った遠距離攻撃ができないので、旧石器人は大型動物にかなり接近して攻撃しなくてはいけません。

狩猟のときに、運悪く大型動物にけられたり踏まれたりして命を失った旧石器人も多くいたでしょう。

よって大型動物を仕留めて食料にできることは、とてもめずらしかったにちがいありません。

実際に日本から出土した旧石器人の人骨を調べると、旧石器時代の人々の体格が現代人に比べてとても小さいことがわかっています。

さらに、歯がとてもすり減っていたこともわかっています。

つまり旧石器人も大型動物の肉をほとんど食べられずに、食べる部分が少ない針葉樹の実を食べて命をつないでいたということです。

スポンサーリンク

岩宿遺跡から日本にも旧石器時代があったことを発見した

ここまで旧石器人の生活について説明しましたが、どうやってこれらの事実がわかったのでしょうか?

原始時代は考古学の調査で推定していく

それは旧石器時代の遺跡(いせき)という当時の施設や、遺物(いぶつ)という当時の道具を調べることで旧石器時代の生活を推定していきます。

さらには当時の人間の骨、つまり人骨(じんこつ)も科学的に調べていきます。

これら遺跡、遺物などを研究する学問を考古学(こうこがく)といいます。

この考古学による研究は旧石器時代だけでなく、文字史料がない縄文時代(じょうもんじだい)や弥生時代(やよいじだい)でも行われます。

学ぶ一般人
学ぶ一般人

質問!
さっき旧石器時代の遺跡とか遺物とか説明したけどなんでそんなことがわかるの?

だるま先生
だるま先生

それは地層(ちそう)という考え方でわかるんだ。

地層とは、風や水によってけずられた岩石が粘土、砂、小石となってうすく積みかさなった層のことをいいます。

アルゼンチンサルタ州の地層
アルゼンチン サルタ州の地層(wikipediaより引用)

この層の構成ですが、時代によって成分が異なることが特徴です。

たとえば火山が噴火すると火山灰がまじったり、生物があるとその死がいがまじります。

そして地震で地層がずれると、断層(だんそう)といって地層が地表に現れることがあるのです。

すると少し層の色が変化するので、「この時代はこの色の地層だな」とすぐにわかるわけです。

さらにその地層から打製石器が出土すると、「この時代は旧石器時代の地層だ」と判断できるわけです。

旧石器時代の日本は火山活動がさかんであった

では地層から日本にも旧石器時代が存在していたことを説明します。

ところでみなさんは、日本でいつ旧石器時代の存在が知られるようになったか知っていますか?

実は戦前(1945年以前)の日本では、「旧石器時代に日本に人類は住んでいない」と考えられていました。

なぜなら、旧石器時代の日本は寒冷であるとともに、火山活動がとても活発な時代だったからです。

現在の鹿児島湾の桜島付近に姶良カルデラ(あいらかるでら)という巨大な火山があり、大規模な噴火を起こしていました。

それも日本全体に影響をおよぼす巨大な噴火でした。

実際に姶良カルデラの火山灰は、関東ローム層(更新世の赤色の火山灰の層)を代表する更新世の層を形成しました。

このことから戦前までの考古学では、

更新世の日本は寒いし、さらに火山活動も活発だ。よって人間が生活できるわけない。

ということが常識でした。

よって旧石器時代の火山灰層(関東ローム層)の発掘調査はおこわれませんでした。

岩宿遺跡の発見

しかし戦後になると、ある青年の登場によって、これまでの考古学の常識が変わることになります。

その青年の名は、相沢忠洋(あいざわただひろ)といい、群馬県で行商をする考古学大好き青年です。。

相沢はどこかの大学で専門的にしていたわけではなく、独自に考古学を研究する人物でした。

1946年、相沢は行商の仕事帰りにいつものように関東ローム層を調べていました。

するとそこから黒曜石の打製石器を発見したのです。

すぐに相沢は発見した打製石器をさまざまな考古学者に持ち込みましたが、さきほどの考古学の常識からまともにとりあってくれませんでした。。

そしてようやく明治大学による発掘調査がおこなわれ、相沢の成果が実証されます。

相沢が石器を発見した場所は、のちの岩宿遺跡(いわじゅくいせき)となります。

スポンサーリンク

ほかの旧石器時代の人骨・遺跡について

日本で発見されている旧石器時代の遺跡は10,000箇所ほどあります。

しかし旧石器時代の人骨については日本列島内ではあまり多くありません。

なぜならば日本列島の土壌は酸性でありアルカリ性である人骨は溶けてほとんど残っていないからです。

日本列島内で残っているのは、静岡県の浜北人骨(はまきたじんこつ)くらいです。

その一方で沖縄県などの南西諸島では人骨が残っており、沖縄県の港川人骨(みなとがわじんこつ)や山下町洞穴(やましたちょうどうけつ)が有名です。

しかし近年で一番注目されているのは、石垣島にある白保竿根田原洞穴(しらほさおねたばるどうけつ)です。

この遺跡は2007年に新しい石垣空港を作る工事中に発見されたのですが、旧石器時代の墓の跡とされています。

さらに見つかった人骨は全身の骨格が残っており、いまから27000年前のものとされています。

これまでは港川人骨が日本で最も古い人骨とされてきましたが、それよりもさかのぼれるものとして注目されています。

スポンサーリンク

まとめ

  • 旧石器時代は氷河時代であり、針葉樹が中心であるため、旧石器人は大型動物を狩って生活をしていた。
  • 狩りの道具である打製石器はより小さく、より軽く、より鋭く進化した。
  • 旧石器時代は大型動物を追う移動生活であったため、土器は使用されなかった。
  • 相沢忠洋による岩宿遺跡の発見により日本に旧石器時代がそんざいしたことがわかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました